ミドリ安全株式会社

沿革

昭和27年、1足の安全靴がスタートでした。

以来、斯界のパイオニアとして「良品廉価」をモットーに高品質で高性能な安全・安心商品のご提供をしてまいりました。そして創業時から、法令遵守(コンプライアンス)を社員一人ひとりが真剣に考えてきた会社でもあります。これからも新たな夢と決意をもって邁進してまいります。

1952年(昭和27年)
1963年(昭和38年)
1964年(昭和39年)
1968年(昭和43年)
1969年(昭和44年)
1971年(昭和46年)
1973年(昭和48年)
1979年(昭和54年)
1980年(昭和55年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1988年(昭和63年)
1994年(平成6年)
1995年(平成7年)
1997年(平成9年)
2001年(平成13年)
2003年(平成15年)
2006年(平成18年)
2008年(平成20年)
2009年(平成21年)
2011年(平成23年)
2013年(平成25年)
2014年(平成26年)
2015年(平成27年)

1952年(昭和27年)

安全衛生保護具の総合メーカーとしてミドリ安全株式会社(旧社名緑災害防具株式会社)を設立。

1963年(昭和38年)

衣料部を設置。倉敷紡績株式会社と提携し、ユニフォーム・ワーキングウェアの製造販売を開始。

1964年(昭和39年)

安全靴工場を福島県石川町に設立。

1968年(昭和43年)

  • 本社を東京都渋谷区広尾(現在地)に移転。
  • 埼玉県草加市に東京工場完成、操業開始。
  • 皮革製造部門としてホクヨー株式会社を系列会社に加える。
  • 環境機器事業部を設置し、高熱職場用冷風機、高熱職場個人用冷房服、工場用電気集塵機、業務用空気清浄器など環境改善機器・装置の製造販売を開始。

1969年(昭和44年)

衣料工場を福島県浅川町に設立。

1971年(昭和46年)

電気研究所を設置、漏電対策、静電気対策の電気計測器、装置の研究開発を推進。

1973年(昭和48年)

ブラジル・サンパウロ市に皮革製造会社アトランチカ皮革工業有限会社を設立、ブラジル国内での皮革製造・販売、および海外輸出を開始。

1979年(昭和54年)

自動車用空気製造機の開発に成功。

1980年(昭和55年)

ヘルメットの販売を開始。

1982年(昭和57年)

工業技術院長賞受賞

1983年(昭和58年)

静電部発足。静電気対策の開発・販売を開始。

1984年(昭和59年)

家庭向応急用酸素吸入器<O2パックA型>が医療用具(医家向及び家庭向)の承認を取得、販売を開始。

1988年(昭和63年)

  • 中国広東省広州市に第一号のユニフォーム工場として、日中合弁の「広東東方友誼服飾有限公司」を設立。
  • 第一種衛生管理者資格取得奨励制度開始。

1994年(平成6年)

ミドリ電機製造株式会社にてオリジナルヘルメットの生産を開始。

1995年(平成7年)

埼玉県草加市に「草加テクニカルセンター」完成。

1997年(平成9年)

中国に上海緑安全貿易有限公司を設立。

2001年(平成13年)

食品業界向けの専門部署としてF&H部を発足。

2003年(平成15年)

埼玉県草加市に「新物流センター」完成。

2006年(平成18年)

メキシコで自動車用レザーシートの製造を開始。

2008年(平成20年)

ラオスにラオミドリセフティシューズを設立。

2009年(平成21年)

新本社ビル完成。


12月、ベトナムにMAV(ミドリ アパレル ベトナム)を設立。

2011年(平成23年)

タイにMIDORI ANZEN(Thailand)を設立。

2013年(平成25年)

ベトナムにユニフォームの第2工場を設立。

2014年(平成26年)

ベトナムにMidori Safety Footwear Vietnamを設立。

2015年(平成27年)

カンボジアにMidori Techno Park Cambodiaを設立。

{"dots":"true","arrows":"true","loop":"true","autoplay":"true","autoplayInterval":"4000","speed":"2000","fade":"false","rtl":"false"}
1952年(昭和27年) 安全衛生保護具の総合メーカーとしてミドリ安全株式会社(旧社名緑災害防具株式会社)を設立。
1963年(昭和38年) 衣料部を設置。倉敷紡績株式会社と提携し、ユニフォーム・ワーキングウェアの製造販売を開始。
1964年(昭和39年) 安全靴工場を福島県石川町に設立。
1968年(昭和43年) 本社を東京都渋谷区広尾(現在地)に移転。
埼玉県草加市に東京工場完成、操業開始。
皮革製造部門としてホクヨー株式会社を系列会社に加える。
環境機器事業部を設置し、高熱職場用冷風機、高熱職場個人用冷房服、工場用電気集塵機、業務用空気清浄器など環境改善機器・装置の製造販売を開始。
1969年(昭和44年) 衣料工場を福島県浅川町に設立。
1971年(昭和46年) 電気研究所を設置、漏電対策、静電気対策の電気計測器、装置の研究開発を推進。
1973年(昭和48年) ブラジル・サンパウロ市に皮革製造会社アトランチカ皮革工業有限会社を設立、ブラジル国内での皮革製造・販売、および海外輸出を開始。
1979年(昭和54年) 自動車用空気製造機の開発に成功。
1980年(昭和55年) ヘルメットの販売を開始。
1982年(昭和57年) 工業技術院長賞受賞
1983年(昭和58年) 静電部発足。静電気対策の開発・販売を開始。
1984年(昭和59年) 家庭向応急用酸素吸入器<O2パックA型>が医療用具(医家向及び家庭向)の承認を取得、販売を開始。
1988年(昭和63年) 中国広東省広州市に第一号のユニフォーム工場として、日中合弁の「広東東方友誼服飾有限公司」を設立。
第一種衛生管理者資格取得奨励制度開始。
1994年(平成6年) ミドリ電機製造株式会社にてオリジナルヘルメットの生産を開始。
1995年(平成7年) 埼玉県草加市に「草加テクニカルセンター」完成。
1997年(平成9年) 中国に上海緑安全貿易有限公司を設立。
2001年(平成13年) 食品業界向けの専門部署としてF&H部を発足。
2003年(平成15年) 埼玉県草加市に「新物流センター」完成。
2006年(平成18年) メキシコで自動車用レザーシートの製造を開始。
2008年(平成20年) ラオスにラオミドリセフティシューズを設立。
2009年(平成21年) 新本社ビル完成。
12月、ベトナムにMAV(ミドリ アパレル ベトナム)を設立。
2011年(平成23年) タイにMIDORI ANZEN(Thailand)を設立。
2013年(平成25年) ベトナムにユニフォームの第2工場を設立。
2014年(平成26年) ベトナムにMidori Safety Footwear Vietnamを設立。
2015年(平成27年) カンボジアにMidori Techno Park Cambodiaを設立。