汗をかいたら・・・ 水分と電解質の補給!

汗をかくと、水分と同時に「電解質」が失われます。水分だけを補給すると体内の電解質濃度が下がり、自発的脱水をおこす危険があるため、水分とあわせて電解質を摂ることがとても重要です。

電解質って何?

人間の体内にはナトリウム、カリウム、マグネシウムといった電解質が含まれています。その電解質の濃度によって細胞の浸透圧の調整や、筋肉収縮、神経の伝達などの生命活動を支えています。電解質は、人が生きるために欠かせない重要な物質です。

汗をかいて電解質が不足すると?

体内の電解質(塩分)濃度が下がると、筋肉の収縮を引き起こし、手足のけいれんや筋肉痛、こみら返りなどが起こります。

水だけを飲むと さらに脱水を起こす!?

大量に汗をかいて電解質が失われた時、水だけを飲むと、血液の電解質濃度が薄まります。

すると、電解質濃度を下げないために水を飲む気持ちがなくなり、同時に体液の塩分濃度を戻そうとして余分な水分を尿として排泄します。これが「自発的脱水」です。この状態になると汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、運動能力が低下し、体温が上昇して、熱中症の原因となります。

ミドリ安全の「塩熱飴®」シリーズ
携帯性に優れる 配りやすい 低コスト

自覚症状の有無にかかわらず、定量的に水分と電解質を摂取しましょう。ポケットにいつも「塩熱飴®」!

厚生労働省の発表によれば・・・

塩熱飴®シリーズなら

1粒+コップ1杯100mlのお水

0.1〜0.2%の食塩水
またはナトリウム40〜80mg / 100ml

のスポーツドリンク又は経口補水液等を、

20分〜30分ごとにカップ1〜2杯程度を摂取することが望ましい

 

参考資料:厚生労働省通達「平成27年の職場における熱中予防対策の重点的な実施について」
(平成27年5月14日基案発0514第1号)に基づき作成

「塩熱飴®」シリーズには電解質と栄養素がベストバランスで配合されています
塩熱飴®シリーズに含まれる栄養素の主な働き

電解質は体液の調整機能に不可欠

ナトリウム

カリウム

カルシウム

マグネシウム

糖質の分解やエネルギー代謝を助ける

ナイアシン

ビタミンB1

エネルギー代謝や水分吸収を助ける

クエン酸

リカバリーを助ける

ビタミンC

ビタミンB6

スタミナ維持や疲労感の緩和

必須アミノ酸BCAA

※塩熱飴®シリーズの種類によって、含まれる成分の種類と量が異なります。

もっと知りたい!「塩熱飴®」シリーズ Q&A

掲載内容の製品価格、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は予告なく変更となる場合がございます。

※当サイト上に掲載されている「塩熱飴®」「塩熱サプリ®」「塩熱グミ™」の名称等は、
ミドリ安全株式会社の商標または登録商標です。

© 2010 MIDORI ANZEN CO., LTD.

汗をかいたら・・・ 水分と電解質の補給!
電解質って何? 汗をかいて電解質が不足すると?
水だけを飲むと さらに脱水を起こす!?
ミドリ安全の「塩熱飴®」シリーズ
携帯性に優れる 配りやすい 低コスト
自覚症状の有無にかかわらず、定量的に水分と電解質を摂取しましょう。ポケットにいつも「塩熱飴®」!

1粒+1杯100ml

「塩熱飴®」シリーズには電解質と栄養素がベストバランスで配合されています 塩熱飴®シリーズに含まれる栄養素の主な働き
もっと知りたい!「塩熱飴®」シリーズ Q&A

ミドリ安全の公式通販サイト